ホーム 会社概要 沿革 建物を解体せずに修復する方法 技術とサービス 動画紹介

曳栄建設 > 建物を解体せずに修復する方法 > 建起こし工事

建物を解体せずに修復する方法:工法1 建起し工事

長年の沈下で建物が曲がった場合、

地震等で建物が歪んでしまった場合、

レバーブロック、ターンバックル等で、建物を引き起こします。

工法1 建起し工事

【平成7年(1995年)4月6日 新潟県笹神地震】修復前
【平成7年(1995年)4月6日 新潟県笹神地震】 修復前の状態です。

【建起し修復工事 施工】

修復後の状態です。【平成7年(1995年)4月6日 新潟県笹神地震】修復後


【平成7年(1995年)4月6日 新潟県笹神地震】修復前
【平成7年(1995年)4月6日 新潟県笹神地震】 修復前の状態です。

【建起し修復工事 施工】

修復後の状態です。【平成7年(1995年)4月6日 新潟県笹神地震】修復後

施主様からの声
建物がもと通りまっすぐになりました。最初は直らないと思いました。壊さないで良かった。

 

悩んでないでまずはお電話ください。TEL 0254-47-2548