ホーム 会社概要 沿革 建物を解体せずに修復する方法 技術とサービス 動画紹介

曳栄建設 > 建物を解体せずに修復する方法 > 曳家工法

建物を解体せずに修復する方法:工法3 曳家工法

敷地を有効に使いたい場合、
道路拡張・区画整理で、建物を移動しなくてはならない場合、
杭基礎にしたいので、仮曳したい場合、

建物を別の場所に移動します。(曳家工法)
入居したまま、基礎から移動いたします。
一時的にも転居する必要がなく、大変快適です。

工法3 曳家工法

工法3 曳家工法

工法3 曳家工法
【女川 生徒会館】

施主様からの声
敷地がありましたので、丈夫な基礎を先に作ってもらって、そこに曳いてもらいました。
仮住まいする期間が短くなって助かりました。

 

悩んでないでまずはお電話ください。TEL 0254-47-2548